世界乾癬デー Follow Your Heart

日本乾癬患者連合会、日本乾癬学会、製薬企業9社
は、 社会全体が乾癬への理解を深め、患者さんが
生活しやすい社会が実現することを願っています。

2017年世界乾癬デーメディアイベント柴崎弘之氏、道端アンジェリカさん、中川秀己先生

日本乾癬患者連合会、日本乾癬学会と製薬企業7社(協和発酵キリン株式会社、田辺三菱製薬株式会社、鳥居薬品株式会社、日本イーライリリー株式会社、ノバルティス ファーマ株式会社、マルホ株式会社、ヤンセンファーマ株式会社)は、2017年10月25日(水) に、「世界乾癬デー」に向けて、メディアイベントを開催しました。

本イベントでは、共同で世界乾癬デーに寄せた私たちの願いを公表しました。

世界乾癬デーに寄せて、私たちの願い

道端アンジェリカさんからのメッセージ
道端アンジェリカさん
道端アンジェリカさん

私も長く乾癬であることに悩んできた患者の1人として、もっと広くこの病気のことを知ってもらい、同じ病気に悩んでいる方々が、少しでもその苦しみから解放されることを願っています。
道端アンジェリカさんのサインこの世界乾癬デーの取り組みを通じて、皆様の願いが実を結ぶためのお力になれたら嬉しく思います。




乾癬患者のストレスを軽減させるためには、乾癬に対する社会の理解が必要!
より多くの方に乾癬の理解を深めていただくことを目的として開催された本イベント。日本乾癬患者連合会の柴崎弘之会長、日本乾癬学会理事である東京慈恵会医科大学の中川秀己先生、そして、モデルの道端アンジェリカさんを迎え、乾癬患者さんの悩み事とその悩み事を解消するためにどのような社会を実現すべきかについてディスカッションしました。
日本乾癬患者連合会会長柴崎弘之氏
日本乾癬患者連合会会長
柴崎弘之氏

皮膚の表面に現れた様々な症状に対して理解されずに、患者さんは周囲の視線や誤解に苦しんでいたり、ストレスになっているというのが、今も昔もずっと変わらない大きな問題。この病気についての正しい知識を世間一般に広く知ってもらい、誤解や偏見のない社会の実現を目指して、全国の乾癬患者さん、患者会の皆さんと力をあわせ、更なる啓発活動をしてまいりたいと思います。


日本乾癬患者連合会会長柴崎弘之氏
日本乾癬学会理事
中川秀己先生

乾癬は、「かんせん」という名前から、誤解されやすいですが、他の人に感染する疾患ではないことをまず理解して欲しいと思います。また、乾癬の治療は選択肢が拡大しており、症状を抑えることはできるようになっています。1人で悩まず、専門医と相談しながら、一人ひとりのライフスタイルに合わせた適切な治療に患者さんと医療者がチームとなって取り組み、乾癬の症状をコントロールしていくことが重要です。

 

世界乾癬デーメディアイベント“Follow Your Heart” 事務局
問い合わせ:03-6274-8522(平日 10:00~18:00)